消費者金融からお金を借りやすい口実ってある?

キャッシングベスト3

消費者金融からお金を借りやすい口実ってある?

お金を借りる為に消費者金融を使いたいんだけど、審査のときにこれを言えば有利とか不利とかってあったりする?もっと言えば消費者金融からお金を借りやすい口実ってある?

どうしても審査に落ちたくないから、何か使える言い訳とか口実があれば教えて。逆にこれはダメとかいうのでもあれば教えて。

消費者金融を利用する口実に有利なものは特にないかも

消費者金融の審査にどうしてもクリアしたい、そう考える人は少なくないでしょう。というより、審査に落ちたくないって考えるのは普通の事ですね。でも、消費者金融としてもちゃんと返済してくれない人にお金を貸すわけにはいきませんから、そこはしっかりと審査を行います。銀行と比べるとハードルが低いので利用しやすいっていう事は言えますけどね。ただ、審査に通りやすい口実みたいなものは特にコレというのは無いんですよ。

利用したい消費者金融にもよりますが、たいていの消費者金融はフリーローン、カードローンといった形態の商品取り扱いになっています。つまり利用目的、何のためにお金を借りたいのかについて問われることは無いんです。インターネットや郵送、FAXで申し込みが出来るところも増えてきましたし、契約まで担当者と一切話をすることなく完了することも可能ですから、「こういう理由でお金を借りたいんです」なんていうことをアピールできる場がないんですよね。

どうしても何かを訴えたいのであれば直接窓口で申し込みをするという方法が考えられますが、借りたい理由が何であれ審査でチェックする項目は変わりません。年収が審査基準に達していなければ落ちてしまうでしょうし、信用情報に問題が見られた場合も落ちてしまうでしょう。コレを言えばお金を借りられる、なんていう魔法の言葉は無いと考えておいた方がいいかもしれませんよ。

目的は自由だが…消費者金融からお金を借りやすい口実ってある?

基本的に、個人向けのカードローンやフリーローンの利用目的は自由です。事業性のあるものはNGですが、それ以外であればレジャーでもショッピングでも生活費でも、自由に使うことができます。

しかし、消費者金融へ借り入れの申し込みをしたとき、申込書に「ご利用目的」を書く欄があったり、電話での契約内容の確認で利用目的を尋ねられたりします。目的は自由なのですが、やはり後ろ向きな目的を理由には挙げたくないものです。

それを言っちゃぁおしまいじゃないか、という話をすれば、利用目的の大元はすべて「急場のお財布がピンチだから」なんですよね。何か急に出費があって、お財布が空になるからこその借り入れなわけですから、多くの利用目的は「生活費」なんですが、「生活費で…」と言うのも恥ずかしいというか、審査に影響するんじゃないか?と考えてしまうでしょう。

では、「生活費」ではなく、「なぜお財布がピンチになって、借り入れが必要になったのか」に目を向けてみてはどうでしょう。「レジャーや旅行」という人もいれば、「冠婚葬祭費用」という人もいるでしょう。数万円かかる「スキルアップのための資格取得費用」だって考えられますし、「現金を盗まれた」という理由だって無きにしも非ずです。これらが本来の利用目的になるでしょう。自分の収入は生活費に充てるため、足りない分の原因が借り入れの利用目的。こう考えれば、立派な前向きの理由があることに気づけそうですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 \カードローン\無職でも大丈夫!?甘さで選ぶ※ランキング表示 All Rights Reserved.