借金関係で社会人として覚えておく常識は?

キャッシングベスト3

借金関係で社会人として覚えておく常識って何でしょう?

社会人になるといろいろ知っておかなければいけない常識ってあると思います。この春から社会人になるんですけど、借金関係で社会人として覚えておく常識ってありますか?

お金関係って知らないと怖い目にあうこともあるじゃないですか?だから最低限の知識は持っておきたいと思いました。よろしくお願いします。

銀行と消費者金融それぞれからの借金には違いがあります

新社会人おめでとうございます。これから社会でお仕事をされていくことになっていくわけですが、確かに知っておきたい常識っていうのは多くありますよね。借金関係での常識ということなので、まずは銀行からの借金と消費者金融からの借金にどういう違いがあるのかを簡単に紹介したいと思います。

まず、銀行と消費者金融というのは守らなければいけない法律が違います。銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法ですね。上限金利についてはどちらも共通して同じ金利になっているのですが、最大の違いは総量規制の有無です。銀行から借金をする場合、申込み者が信用できると判断されればいくらでもお金を借りることが出来るようになっています。銀行からの信頼度が高ければ借りられる金額も高くなっていくのです。一方、消費者金融はそうはいきません。いくら信頼度が高まったとしても、総量規制を守らなければいけない消費者金融は申し込み者の年収の3分の1を超える金額を貸し付けることができないのです。

より多くの金額を借りるという事であれば、銀行から借金する、という選択をしなければい系ないという事になってきますよね。ただし、総量規制には除外項目がいくつかあります。借り換えローン、おまとめローン、不動産購入のためのローン、自動車購入のためのローンなのですね。比較的高額な資金が必要となる目的別ローンには総量規制が対象とならない、除外扱いになる様になっているのです。銀行と消費者金融には違いがある、この点はしっかり押さえておくと良いでしょう。

無知では困る!キャッシングについて社会人として覚えておく常識

「別に借金なんかしないし、キャッシングのことなんて知らなくてもよくね?」とお金を甘く見ていると、いざお金が必要なときに知識不足で大変な目に遭うこともあります。確かによくわからなくてもキャッシングにはたどり着けますし、なんとなしに借りて、なんとなく返す人が多いのも事実なんですが、社会人として覚えておく常識の範囲くらいは知っておいたほうがいいですよ。

・常識1 ブラックじゃない自信があるときは、銀行のカードローンを狙う!
何社も借入してるとか、滞納歴があるとか、ブラック的な要素が自分になければ、まずは銀行のカードローンを狙うのがベター。消費者金融の大手もカードローンを用意していますが、なんと言っても銀行のカードローンとは金利差が違います。商品説明の最高金利で契約をする場合(最初はこれがほとんどなのですが)、銀行は15%未満のところが多く、消費者金融は18%未満のところが多いのが現状です。

約3%の差なんて大したことないかもしれませんが、これに提携ATMの利用手数料や振込手数料などが加わったりすると最終的な支払総額には数千円~数万円の開きが出ます。いくら借りて、何回で返すのかにもよりますが、半年・1年・2年と長い期間で返済をしていくならば、金利と手数料がかからない方を積極的に利用するのが常識なのはわかりますよね?

・常識2 総量規制を知らないと、とんでもないことになるかも…
貸金業者(サラ金やカード会社)からの借り入れ限度額は、年収の3分の1までです。それ以上は貸金業者から借りることはできません。これを「総量規制」といいます。しかし、銀行や信用金庫などの金融機関はその規制対象になっていないので、同じカードローンでも区別して考えるのが常識です。将来複数の借り入れが必要になったとき、この総量規制を知らないと、もともと借りれなくなっているサラ金へ申し込んでも申し込んでも審査落ちばかり…ということにもなりかねません。

・常識3 返済が1日でも遅れるようなら、必ず連絡を入れる!
常識中の常識がこれですが、「1日くらい(1週間くらい)なら連絡しなくてもいんじゃね?」とほったらかしにする人が多いのもまた現実です。本来、契約というのは期日を守り、正しく利用することが絶対条件なのですが、なぜか「1日くらい」「3日くらい」といった自己中心的な発想になる人が多いんですね。そして、そういう人に限って、「たった1日遅れただけで、携帯に電話してきた!怖い!」と言うんです。いやいやいや、契約も守らず連絡しなかった自分が悪いんじゃないのか?とツッコミたくなりますが、どうでしょう?

他にも知っておくべき常識や、知らなくてもいいけど知っておくと便利やお得なあれやこれやがキャッシングの世界には沢山あります。是非、それらにも目を向けて、「これを知らないなんて勿体ない」と思えるような知識を身につけてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 \カードローン\無職でも大丈夫!?甘さで選ぶ※ランキング表示 All Rights Reserved.